上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「との」が将棋の強さの目標としている人物が身内に二人いる。
僕の父親「じいちゃん」と妻の父親「じいじ」。

「じいちゃん」とは家も近いのでちょくちょく指している。
そのたび細かく指導されるみたいです。

その「じいちゃん」を相手に「との」はとうとう勝った!

これには「じいちゃん」も驚いたようで、
「強なったわ~」と大絶賛。
(あまりほめるタイプじゃないんだけど、よほど嬉しかったのかも)
でもその後は気合いが入っているのか「との」には負けていないようだ。(駒落ちは負けるみたい)

そして妻の実家の「じいじ」との対局。
久々の対局で両者気合いが入る。実はこの対局をずっと心待ちにしていた「との」。

それもそのはず、幼稚園の長期休暇を利用してしかいけないので、三ヶ月おきにしか対局できない。
過去にずっと負けっぱなしで帰ってきたことで「じいじ」との対局を特別なものと位置づけているのかもしれない....
そして戦いが始まり...

勝った!

負けた「じいじ」は機嫌良く笑ってたらしいです。

「じいちゃん」と「じいじ」両者とも
「五歳児に負けた」という悔しさはなさそうで、
「驚き」と「うれしさ」を感じてもらっているようでした。

僕も「との」と対局して勝ったときより、負けたときのほうが嬉しいんですよね。
それと同じような感覚を感じてもらったことが僕は嬉しかったです。
tonotama
しかし!
僕はまだ「との」に負け続けることはできない!
まだ幼い「との」に天狗ちゃんになられてはこまるのでねぇ。
それと...父親の意地?
違うなぁ...

僕も強くなりたいんですよね...

と。

...ここで謎が...

「との」や僕は何らかの形で日々将棋をやってるけど、
「妻」はほとんどしてないな...

でも、「との」にも僕にもかなりの確率で勝つ...

「母(妻)は強し...」か?
Secret

TrackBackURL
→http://poca2.blog56.fc2.com/tb.php/18-779f8ac7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。